転職成功ナビ

面接の流れ・進め方

  • 面接対策

書類審査を突破したら、次はいよいよ面接です。大事な面接で失敗しないために、面接の流れや進め方を確認しておきましょう。

面接当日を迎えたら

面接前日までに、面接場所までの交通機関や道順を確認しておきます。面接当日は、電車の遅延情報が出ていないか忘れずにチェックし、悪天候で交通機関の乱れが予想される場合は、時間に余裕を持って出かけましょう。面接場所には早めに到着し、心を落ち着かせて受付には5分前に行くようにしましょう。遅刻はもちろん厳禁ですが、早すぎるのもいけません。

面接の流れ

入室~自己紹介

受付をすると面接をする部屋へ案内されます。まだ面接官が来ておらず、特に席を指定されなかった場合は下座に立って待っているのが一般的です。案内の人に「こちらでおかけになってお待ちください」と言われた場合は、そのまま指示に従って座って待ちます。面接官の入室のノックが聞こえたら立ち上がって挨拶しましょう。

既に面接官が待っている場合は、3回ドアノックし、「失礼します」と挨拶をしながら入室します。席の前まで進み、「おかけください」と言われるまで待ちましょう。席に座ったら「(名前)と申します。本日は宜しくお願いします。」と軽く自己紹介をして面接を進めていきましょう。

現在の仕事内容の説明

中途採用の面接では、即戦力性を求められますので、求人票に記載されている仕事内容と近い経験については必ず質問されます。基本的に面接官は、応募書類には目を通していますが、面接時に改めて説明を求められるケースも多くあります。仕事内容を説明する際は、アピールできるポイントを作っておき、簡単に分かりやすくこれまでの経験をどのように活かしていけるか説明できるようにまとめておきましょう。

転職理由、志望動機の説明

転職理由や志望動機は、ほぼ100%聞かれます。転職理由を聞かれて話す場合、絶対にマイナスな理由を
言ってはいけません。前社に不満があって転職を希望している場合でも、その不満をそのまま伝えるのではなく、前向きな言葉に置き換え、自分が会社にどのように貢献できると思って志望したかを中心に話します。

どのように伝えればよいか迷った際は、応募先企業の経営理念、仕事内容を改めて確認し、現職との違いを前向きな言葉に言い換えて伝えることを意識して考えるようにしましょう。この時、労働条件の違いを転職理由にすると、マイナスな印象を持たれる可能性がありますので、言わないようにしましょう。

条件確認

面接がある程度進むと、現在の年収、希望の年収、入社可能日など条件面の確認があります。当社を通じて求人企業へ応募する場合、推薦時に年収条件や入社までにかかるおおよその日数はお伝えしておりますが、改めて質問されることがあります。その場合はご自身のお気持ちを採用担当者にお伝えください。条件面の交渉は、納得のできる転職活動ができるよう担当コンサルタントが代わりに行いますので、お気軽にご相談ください。

企業への質問

面接の最後に必ずと言っていいほど、「何かご質問はありませんか?」と聞かれます。面接中に聞きそびれたことでも、事前に考えていた質問でもかまいませんので、気になったことは質問しておきましょう。

「制作する上で大切にしていることは何ですか」、「入社までに何か準備しておいたほうがいいことはありますか」などの入社後のビジョンを持っていると感じさせるような質問ができれば、好感度はグッと上がります。

労働条件に関する質問や、調べればすぐに分かるような質問はマイナスな印象を与えますので絶対にしてはいけません。どうしても確認したい場合は、担当コンサルタントを通じて確認しましょう。

面接練習を実施して、第三者のアドバイスをもらおう

面接は回数をこなすことが一番です。しかし、面接練習のためだけに何社も受けることは難しく、本命の会社が最初の面接ということもあります。当社では、ご希望に合わせて担当コンサルタントが面接練習も行っています。これまでの実績から面接で質問される内容を情報として蓄積しておりますので、ぜひ活用してみてください。