転職成功ナビ

履歴書写真の撮り方

  • 履歴書の書き方

履歴書の証明写真は、採用担当者が最初に注目するところで第一印象を大きく左右し、写真をきちんと撮っている方は、面接の通過率も高い傾向があります。ここでは、履歴書の写真の基本ルールから、おすすめの写真の撮り方をご紹介します。

履歴書写真の基本ルール

履歴書の写真サイズは、横3cm×縦4cmで撮影します。
背景色は、白、青を使用し、シンプルな無地にしましょう。
履歴書提出日から、3ヵ月以内に撮影したものを使用します。
裏に名前を書いて貼り付けます。
一度剥がした写真は、シワが残るため使わないようにしましょう。
履歴書を印刷して提出する場合は、画質の良いものを使いましょう。

写真を撮る際に気を付けるポイント

撮影方法

履歴書の写真は、写真館で撮影することをお勧めします。写真の仕上がりがきれいで、撮影時にプロの指導を受けられるのと、撮影したデータをもらうことができます。求人企業に履歴書をデータで提出することもあり、データがあると複数の企業へ応募する際に非常に便利です。

写真館で撮影する時間がない場合、スピード写真でも問題ありませんが、平べったい印象になりがちなので、表情に気をつけて撮影しましょう。またあまりにも全体的に白くなりすぎた場合は、撮り直すようにしましょう。スマートフォンで自撮り撮影する場合は、自分一人で撮影せず、少し離れた位置から撮影してもらい、履歴書のサイズに合わせて加工しましょう。

服装

履歴書写真の服装は、男性はスーツ・ネクタイを着用、女性はジャケット・シャツを着用するのが基本です。ワイシャツは白字を着用し、ネクタイの柄は、背景色と被らない色の服装にすると顔が映えます。

髪型

髪型も服装と同じように、清潔感のある髪型にします。前髪は、顔がはっきりと分かるように目にかからないようにします。髪の色は、明るすぎなければきっちりとした黒髪である必要はありません。男性は、整髪料でボリュームを抑え、耳をはっきりと見せるようにし、自然なツヤを出すようにしましょう。女性は、輪郭に髪がかからないようにし、顔が小さくなりすぎて印象が薄くならないようにバランスに気を付けましょう。

表情・姿勢

写真は、好印象を持ってもらえるように少し微笑んでいる表情を作ります。顔の筋肉をほぐし、少し意識して目を見開き、顎を軽く引いた状態で軽く口角を上げるのがコツです。無愛想で虚ろな表情にならないように気をつけます。撮影時は、首が前に出ないように、耳と肩が縦にそろうように意識します。撮影後、下手な加工や実物とかけ離れた加工は、誠実性に欠ける印象を与えてしまいますのでやめておきましょう。