転職成功ナビ

履歴書の書き方

  • 履歴書の書き方

求人に応募する際、「履歴書」「職務経歴書」を提出します。履歴書の基本ルールや書き方のポイントをご説明します。

採用担当者が見ているポイント

企業の採用担当者は、書類選考において履歴書の記載内容や写真だけでなく、誤字脱字がないか、文章は分かりやすいかなどの形式的な部分も見ています。そこから、仕事に対する姿勢や志望度合を判断していますので、丁寧な印象を持ってもらえるよう心掛けましょう。

履歴書の書き方

履歴書は手書きかPC作成か

履歴書は、手書きである必要はありません。一部、字の綺麗さを確認するために手書きの提出を求める企業もあります。手書きの履歴書を提出しないといけない場合は、担当コンサルタントよりお伝えします。

履歴書作成時の注意点

1.基本情報

履歴書の基本情報は、採用担当者が最初に確認する項目ですので、正確に丁寧に作成しましょう。

日付は、求人に応募する日にします。
氏名は、戸籍に登録されている文字を使用し、旧字が使われている場合はそのとおりに書きます。
住所は、都道府県からマンション名まで省略せずに記入します。
電話番号は、携帯番号だけでも問題なく、連絡がつきやすい番号を記入します。
メールアドレスは、携帯電話のメールアドレスではなく、Webメールのアドレスを記入します。
印鑑欄の押印は省略してもかまいませんが、認め印で、傾きやかすれに注意して押してください。

2.写真

履歴書の写真は、あなたの第一印象を左右しますので、写真館などで撮影することをお勧めします。写真は3ヵ月以内に撮影したものを使用し、履歴書の指定欄に貼ります。服装は、男性はスーツとネクタイ姿が基本です。女性はジャケットを着用し、白や淡色をお勧めします。表情は、歯を見せない程度の笑顔が好印象を持ってもらえます。

3.学歴・職歴・賞罰

年号は、西暦か和暦どちらでもかまいませんので、履歴書全体で統一して書きます。学歴欄の1行目は「学歴」と中央に記し、その次の行から学歴を書きます。学歴は中学校卒業からが一般的ですが、高校卒業から記載しても問題ありません。中学校卒業からは、入学・卒業年次をそれぞれ記載します。学校名は、学部学科や専攻も省略せず、どんな分野を学んだか分かるようにしましょう。卒業時は「卒業」、大学院は「修了」と書きます。

職歴は、学歴と同様に1行目は「職歴」と中央に記し、その次から職歴を書きます。職歴は時系列で全て正確に書きます。「株式会社」などの法人格は省略せず、所属部署も正式名称で記載します。買収・合併等で社名変更している場合は、「株式会社●●(旧:株式会社○○)」と記入します。

退職理由は、「一身上の都合により退職」と書くのが一般的です。契約期間満了で退職した場合は、「契約期間満了につき退職」と書きます。リストラなど会社の求めに応じて退職した場合は、「業績不振による会社都合退職」と理由と合わせて記入しましょう。

賞罰とは、受賞経験と犯罪歴を書きます。受賞歴は、基本的に全国優勝や国際大会レベルでの受賞が基準ではありますが、所属企業での社長賞などの受賞歴を記載しても問題ありません。罰の場合、該当するものがあれ略することなく必ず記入しましょう。犯罪歴(罰)を隠した場合、経歴詐称に問われることもあるので、正直に記入しましょう。

4.免許・資格

免許・資格欄は、普通自動車免許の他、仕事に関連しそうな資格があれば民間資格であっても必ず記載しアピールポイントにしましょう。語学系の資格の場合、取得年月だけでなく「ネイティブレベル」「ビジネスレベル」などのレベル感を記入できると良いでしょう。

5.志望動機

志望動機は、応募する企業に合わせて具体的に記載することが大切です。直近の所属企業と応募する企業との違いを理解し、今回の転職活動の目的と照らし合わせながら前向きな表現で求める人物像に合わせて記載します。提出前に他社に応募した際の志望動機がそのままになっていないか、必ず確認するようにしましょう。

6.特技・趣味

特技・趣味の情報は、面接時の話題として有効になることもあります。求人内容と関連のある特技や趣味がベストですが、そうでなくても問題ありません。好きな書籍などを書くとこで、面接官に興味を持ってもらえますので、必ず書きましょう。

7.本人希望欄記入欄

本人希望記入欄は、「貴社規定に準じます」と書くのが一般的です。仕事上、旧姓を使用したい場合は、「旧姓の●●での就業を希望」と記載しましょう。その他、勤務時間に制限がある場合などは、きちんと書いておきましょう。

履歴書を提出する際のマナー

求人企業に提出する履歴書等の応募書類は、担当コンサルタントを介して提出します。そのため、企業に郵送する必要はありません。ただし、面接時に履歴書を手渡しする場合があります。その際は、クリアファイルにはさんで定形外の封筒に同封して提出すると良いでしょう。